背景
背景画像 スーツの男性のイラスト 医者のイラスト スーツの女性のイラスト その医師は、最後に希望の明かりをともす。

©︎五十嵐大介

お菓子のイラスト
MENU
2024年本屋大賞 背景画像 水鈴社 スピノザの診察室 夏川草介 スピノザの診察室
背景画像
スライダー画像01
スライダー画像02
スライダー画像03
スライダー画像04
スライダー画像05
スライダー画像06
全国の書店様から数多くのメッセージを頂きました! 「神様のカルテ」シリーズの著者、渾身の長編小説!

その医師は、
最期に希望の明かりをともす──。

現役医師として命と向き合い続けた著者が到達した「人の幸せ」とは。

20年間、医療の最前線で命と向き合い続けた著者が描く、祈りと希望にあふれた感動の物語。

スピノザの診察室の本

スピノザの診察室 SPINOZA CLINIC

書籍情報

定価:1,870円(本体1,700円+税10%)
ページ数: 288ページ | 体裁: 四六判 上製
装丁:名久井直子 | 絵:五十嵐大介
発行日:2023年10月25日
ISBN:978-4-16-401006-8 | Cコード:0093

ご購入は全国の書店、
またはオンライン書店で

試し読みはこちら
全国から数多くのメッセージを頂きました!全国の書店員さんからの声
  • 吹き出しのアイコン

    山口県

    明林堂書店 フジ西宇部店 田中由紀様

    タイトルに惹かれ、とにかく読みたいと思った。 目まぐるしい医療の進歩があっても、どうにもできない病はある。老いが重なれば尚更だ。 人間は無力で小さな存在だ、と認めながらも努力を惜しまない医者、雄町哲郎。 彼を突き動かしているのは、スピノザの精神。 というと、凄くカッコいいけど、京ならではの美味しいスイーツでは?と私はにらんでいる。 彼を取り巻くベテラン医師たちも、日々真剣に取り組みつつユーモアを忘れない、愛すべき人々だ。 是非是非、続編を。願わくばテレビ化を! 待っています!

  • 吹き出しのアイコン

    山口県

    くまざわ書店 下関店 村上真美様

    生きるということを考える。あらためて思えば、身内の不幸はただばたばたしてそんな余裕もなく、考えたことはなかったと気づきました。そう書くと重い物語のようですが、軽やかに読めました。読後感がとても良かったです。雄町先生のこれからのお話がまちどおしいです。

  • 吹き出しのアイコン

    広島県

    未来屋書店 宇品店 山道ゆう子様

    「生」と「死」。 どちらとも真正面から向き合っていた。 命にそっと寄り添い優しい希望を注いでくれる。 風情のある京都の街並みを今日も自転車は駆け抜けていく。そこに命がある限り。 自分の中で怖いものでしかなかった「死」に対しての考え方が少し変わった。

  • 吹き出しのアイコン

    山口県

    宮脇書店 ゆめモール下関店 吉井めぐみ様

    死と向き合う患者やその家族にとっては寄り添ってくれる原田病院のスタッフの方々がとてもありがたいのではないかと想像する。奇跡の話ではないところがとても心を打つ。「ありがとう」と思いながら最期を迎えられたら幸せだなと思った。読んでいると癌で闘病していた頃の父を思い出す。亡くなった時よりも今この作品を読んだからこそ色々と思い出し、もっと何かできたんじゃないだろうかと自分に問うてしまう。このような機会をくれたこの作品はすごいと思う。

  • 吹き出しのアイコン

    広島県

    広島県 O様

    いずれ来るであろう死を私はどのように迎えるだろう。 重いテーマでありながら穏やかで静かな物語。 マチ先生の悲観的ではなく、すっと心にはいってくる言葉は何度読んでも響きます。 幸せとは何か。 考えさせられます。 素敵な師弟関係も現代の社会ではなかなかできないことですよね。 羨ましい笑 最高に『面白い』物語を読ませていただきました。 たくさんの方に読んでいただきたい本です。

  • 吹き出しのアイコン

    鳥取県

    BookYardCHAPTER3 川本梓様

    「人の幸せはどこから来るのか…」ふいにつぶやかれた一言が今でも胸に残っています。病気が治れば幸せ?治らなければ不幸せ?きっとその答えは千差万別で、本当のところは本人の胸の中にしかないのではないか…と複雑な思いを抱えていました。そんな私の心をマチ先生と彼の優しさ、あたたかさに触れ救われた人々の物語は“幸せ”でみたしてくれました。 「おおきに先生」その1言が全てだったと感涙しました。

スピノザの診察室のイラスト
あらすじ
その意志は、最後に希望の明かりを灯す。

雄町哲郎は京都の町中の
地域病院で働く内科医である。

三十代の後半に差し掛かった時、
最愛の妹が若くしてこの世を去り、
一人残された甥の龍之介と
暮らすためにその職を得たが、
かつては大学病院で
数々の難手術を成功させ、
将来を嘱望された凄腕医師だった。

哲郎の医師としての力量に
惚れ込んでいた大学准教授の花垣は、
愛弟子の南茉莉を研修と称して
哲郎のもとに送り込むが……。

スピノザの診察室のイラスト
スピノザの診察室

〜物語に華を添える京都の銘菓〜

主人公・雄町哲郎は大の甘党。作中に登場する、
彼が愛する京都の老舗菓子店もまた物語のエッセンスとなっています。

最先端の医療・医術と、様々な人の終末に接する医師と心の葛藤。スピノザと云う単純にして難解な哲学者の言。
浅くは理解できても読後は深い。素晴らしい本に出会えました。マチ先生の好物をぜひ皆さんにもご賞味頂けたら幸いです。

阿闍梨餅本舗満月 店主 西浦裕己

感動……そして感激しました!思わず3回読み返しました。医者本来の患者に対する心を大切に接する主人公に今まで餅本来の味をひたすら守ってきた餅屋バカが感銘を受けました。これからも主人公の心の支えの一つになればとまた餅屋バカは餅を造り続けることにします。亡き先代が喜ぶように……

長五郎餅本舗 社長 藤田典生
【著者】夏川 草介 読者の皆さまへ メッセージ

【著者】夏川 草介

医師になって20年が過ぎました。
その間ずっと見つめてきた人の命の在り方を、私なりに改めて丁寧に描いたのが本作です。
医療が題材ですが「奇跡」は起きません。
腹黒い教授たちの権力闘争もないし、医者が「帰ってこい!」と絶叫しながら心臓マッサージをすることもない。
しかし、奇跡や陰謀や絶叫よりもはるかに大切なことを、書ける限り書き記しました。
今は、先の見えない苦しい時代です。
けれど苦しいからといって、怒声を上げ、拳を振り回せば道が開けるというものでもないでしょう。
少なくとも私の心に残る患者たちは、そして現場を支える心ある医師たちは、困難に対してそういう戦い方を選びませんでした。
彼らの選んだ方法はもっとシンプルなものです。
すなわち、勇気と誇りと優しさを持つこと、そして、どんな時にも希望を忘れないこと。
本書を通じて、そんな人々の姿が少しでも伝われば、これに勝る喜びはありません。

背景イラスト

【著者プロフィール】

夏川 草介なつかわ そうすけ

1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒業。⻑野県にて地域医療に従事。
2009年『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同書は2010年本屋大賞第2位となり、映画化された。他の著書に、世界数十カ国で翻訳された『本を守ろうとする猫の話』、『始まりの木』、コロナ禍の最前線に立つ現役医師である著者が自らの経験をもとに綴り大きな話題となったドキュメント小説『臨床の砦』など。

吹き出しのアイコン

夏川さんに作品の執筆を依頼してから、14年の月日を経て生まれたのが本作です。

「人の命と幸せ」という深遠で大きなテーマを扱ってはいますが、小難しさは一切ありません。
飄々としながらも優れた一人の医師が、患者や仲間と真摯に向き合う姿を描いた、最高に“面白い”物語です。

そして、僭越ながら『スピノザの診察室』は、誰かの人生を変える一冊になり得るかもしれないと感じています。

今、この時代にこの作品を送り出すことができたことを、誇りに思います。

ぜひ、ご一読いただけましたら幸いです。

背景のイラスト

水鈴社 代表取締役 / 編集者

篠原一朗

スピノザの診察室